TBUD明朝 Std

  -  1style by Adobe Fonts
TBUDMincho Std M
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

「TBUD明朝」はTypebankが販売している明朝体です。2種類のウェイト「M」「H」があります。Adobe Fontsから「M」が提供されています。デスクトップフォントとして「H」も使いたい方はTypeBank社のサイトで購入するか、「モリサワ」の「MORISAWA PASSPORT」を契約した方も使えます。

「TBUD明朝」は格調高い明朝体の伝統を保ちながら、見やすさ、読みやすさを実現した書体です。一般的な明朝体は、横線が細くデザインされているため、視力が弱い方やディスプレイの表示などでは読みにくいことがあります。「TBUD明朝」は従来の明朝体よりも横線が太い「タイプバンク横太明朝」をベースにしており、UD書体化にあたっては、濁点や半濁点を見やすいものにし、字面やふところを大きくとりながらも文字のフォルムを崩さないデザインに調整しています。

タイプバンクのUD書体

タイプバンクのUD書体は、タイプデザイナーだけではなく、第三者学術機関である慶應義塾大学の中野泰志教授の研究結果をデザインの最終決定に取り入れているのが特徴です。文字の誤認しやすい状況を分析し、その結果に基づいて制作された書体を文字の判断のしやすさと読みやすさの点で評価実験を行い文字のデザインに反映させる。このような検証プロセスを経て高い可視性と可読性を持つUD書体を作り上げています。

TBUDゴシックを筆頭にTBUD丸ゴシック、TBUD明朝、UDタイポスの4ファミリーが開発されています。「より多くの人に読みやすく理解しやすいこと」を目的に開発されたこれらの書体は、読みやすさを重視する場面で効果を発揮します。視力の弱い方への配慮はもちろん、広報誌やガイド、マニュアル、プレゼンテーションの資料、公的な文書等に、対象の老若男女を問わず、さまざまな場面で活用することができます。(引用:TypeBank

書体提供・販売

書体制作・デザイン

参考サイト

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!