平成明朝 Std

  -  4styles by Adobe Fonts
Heisei Mincho Std W3
Heisei Mincho Std W5
Heisei Mincho Std W7
Heisei Mincho Std W9
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

平成書体は、平成元年、文字フォント開発普及センターにて、日本語の標準的なフォントとして開発された書体です。平成明朝体は、主に当時流行していたワープロに搭載され、使われていた書体です。低解像度、横組みを前提として開発された書体なので、独特なデザインとなっています。

平成明朝体は、デジタル化に適したエレメントやカーブを持たせた書体として開発されており、スクリーンで読んだ際に読みやすくするために、他の明朝体と比較すると直線的な漢字と、明朝体独特の微妙な表情を排除した仮名(ひらがな、カタカナ)で構成されています。開発背景が独特なフォントのため、明朝体の情緒や繊細さが感じにくい独特なデザインが特徴です。

ウェイトはW3からW9まで用意され本文組みから見出し、大見出しまで使用できます。Adobe Fontsからは現在4種類のウェイトが提供されています。明朝体の他にゴシック体の「平成角ゴシック」もAdobe Fontsから提供されています。

平成明朝は各社から提供・販売されています

タイプバンク:平成明朝体
ダイナフォント:DF平成明朝体/DFP平成明朝体 – Adobe-Japan1-6準拠版がある。
リコー:HG平成明朝体
アドビ:平成明朝 Std/StdN

書体提供・販売

書体制作・デザイン

参考サイト

TAG

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!