デザイナーのフォント見本帳「F」

デザイナーのフォント見本帳「F」について

【重要】フォントの登録作業について

2022年09月27日現在、245種類のフォントが登録されています(日本語151種、欧文94種)。フォントの登録作業は2022年1月から開始されていてスタッフが引き続き鋭意、継続して行なっております。しばらくの期間は毎日、登録作業を行わさせていただきます。(土日、祝祭日を除く)
また「サンプル文」の候補をこちらより募集中です!是非プロのご意見をお聞かせください。


フォント見本帳「F(エフ)」はデザイナーさんのために2022年1月に開発されたオンラインをベースにしたフォント見本帳です。主に「Adobe Fonts、Google Fonts、フリーフォント」からクオリティの高いプロが仕事で使えるフォントを厳選して紹介しています。

予算的に仕事に導入しやすいAdobe Fonts、Google Fontsを中心に紹介!

フォントといえば「モリサワ」「フォントワークス」を思い出す方も多いのでは?プロのデザイナーさんはすでに年間ライセンスを契約しフォントを利用されている方も多いと思います。そんなデザイナーさんにむけてフォント見本帳「F」は、予算的に仕事に導入しやすい無料の「Google Fonts」と、「Adobe Fonts(Adobe Creative Cloudを契約している方追加料金なしで利用可能)」の2種類のフォントを中心に、仕事の現場で導入しやすいプロユースのフォントを紹介しています。また、フリーフォントも商用利用可能で、高品質なものを厳選して紹介しています。
※Google、Adobe両社ともデスクトップフォントとしても利用でき、Webフォントに関してはPV(ページビュー)の制限を気にすることなく利用できるのが最大のメリットです。

組版の印象をイメージしやすいリアルタイムプレビュー機能

組版のイメージをサイト上で直感的に確認できるので、無駄なフォントをインストールする事がなくなります。フォントを選ぶ際に「文字は組んでみないと分からない」といった声をくみとり、「字間、行間、フォントサイズ」3種類の基本的な要素をコントロールしながら、リアルタイムで文字を組んだ時の印象や雰囲気を確認できるようにシステムを開発しています。

仕事に使える、デザイナー向けの豊富なサンプル文章

今までの書体見本帳は一般的なサンプル文が用意されてフォントを紹介していましが、デザイナーさんが仕事でよく使うサンプル文章を用意させて頂きました。書体を組んだ時にイメージしやすく、仕事が合理的に進められるようになっています。また、原稿を直接入力できるので、原稿がある場合は文字を組んだ際のイメージを簡単に確認できます。

無駄な作業時間を減らせます

仕事に使いにくいフォントを見る必要がなくなり、無駄な作業時間を減らせます。書体の選定はフォント見本帳「F」が独自に選定しており、プロが現場で使っている人気書体、定番書体を中心に紹介しています。フォントは世界中に無数にあるので、全てのフォントを紹介すると検索しずらくなり、フォント見本帳としての利便性を失います。全てのフォントを紹介して羅列するのではなく、デザイナーさんが仕事で使えるフォントを厳選して紹介していく予定です。

提供会社と制作会社・書体デザイナー

フォント業界は、書体をデザインし制作する「企業・書体デザイナー」と、フォントの販売や・Webフォントのサービスを提供を行っている企業の2種類に分類できます。Adobe、Googleのように書体の開発、サービス提供を同時に行っている大きな企業もありますが、そうでない場合が多いので、できるだけわかりやすく「提供・販売会社」と「制作会社・デザイナー」の2つに分けて「企業名、デザイナー名」の紹介を行っています。

デザインの教育の現場での導入を目指しています

当サイトは、どなたでも無料で利用できるWebサービスですので、デザインの「教育ツール」として導入が可能です。また、美大・専門学校等の教育の現場で導入されることを前提にWebサイトはデザイン・構築されています。先生方が生徒さんに向けて「操作方法」を解説しやすいようにナビゲーションデザインを行ない、明確な「色分け」や「クリックできるエリア」を可能な限り大きくデザインしています。全体のページデザインは直感的に理解できるよう、シンプルに設計されています。

当サイトのCSSの設定について

Webデザイナーさん、HTMLコーダーさんにむけて「CSSの設定」について基本設定から「禁則処理、文字詰め」について解説させていただいております。当サイトのCSSの設定に関してはこちらからご確認ください。

  • トップ>
  • デザイナーのフォント見本帳「F」について