Noto Sans Japanese + 約物半角専用のWebフォント「YakuHanJP_Noto」

  -  6styles
Noto Sans Japanese Light 100 + YakuHanJP_Noto
Noto Sans Japanese Light 300 + YakuHanJP_Noto
Noto Sans Japanese Regular 400 + YakuHanJP_Noto
Noto Sans Japanese Medium 500 + YakuHanJP_Noto
Noto Sans Japanese Bold 700 + YakuHanJP_Noto
Noto Sans Japanese Black 900 + YakuHanJP_Noto
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

WebデザインにおいてWindows環境でもMac環境でも、できるだけ同じようにテキスト(※画像ではない)を表示させるには、フォント指定が重要になってきます。
特にMac・iOS(iPhone・iPad)の標準フォント「ヒラギノゴシック」が、Windowsではインストールされておらず、Mac・Windows共通の「游ゴシック」はWindowsでは文字の輪郭(アウトライン)が文字サイズによってはギザギザに表示される場合があります。かなりデザイン作業時に制限がかかり合理的ではありません。

そこでWeb業界で定番となりつつあるWebフォントの人気書体Google Fontsの「Noto Sans Japanese」と括弧、句読点を半角にできる約物半角専用のWebフォント「Yaku Han JP」のNotoシリーズにあわせてデザインされた「YakuHanJP_Noto」を使用した合成フォントの組見本を作成しました。Notoは「Sans」なのでゴシック体です。
※明朝体は「Noto Serif Japanese」はこちらから組見本が確認できます。
※Yaku Han JP for Notoの中でも「ゴシック体、明朝体、丸ゴシック体」とそれぞれフォントの種類によって3種類提供されているのでご注意ください。

人気の秘訣

こちらの2種類のフォントの組み合わせは無料で使用でき、Webフォントの有料サービスやPVの上限を気にすることなくWebデザインの仕事に導入できるので人気のフォントの組み合わせとなっています。Noto Sans Japaneseの従属欧文(英数字)も日本語になじんでおり、特に欧文フォントを別に指定する必要がないのもポイントです。

書体制作・デザイン

TAG

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!