Sweet Sans Pro

  -  18styles by Adobe Fonts
Sweet Sans Pro Hairline
Sweet Sans Pro Hairline Italic
Sweet Sans Pro Extra Thin
Sweet Sans Pro Extra Thin Italic
Sweet Sans Pro Thin
Sweet Sans Pro Thin Italic
Sweet Sans Pro Extra Light
Sweet Sans Pro Extra Light Italic
Sweet Sans Pro Light
Sweet Sans Pro Light Italic
Sweet Sans Pro Regular
Sweet Sans Pro Italic
Sweet Sans Pro Medium
Sweet Sans Pro Medium Italic
Sweet Sans Pro Bold
Sweet Sans Pro Bold Italic
Sweet Sans Pro Heavy
Sweet Sans Pro Heavy Italic
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

Adobe Fontsから提供されている「Sweet Sans Pro」。幅広のデザインが特徴的です。「The engraver’s sans serif」をもとに、現代のフォントとしてMVB Fontsの「Mark van Bronkhorst」さんによってデザインされています。18種類のファミリーで構成されウエイトは9種類もあります。文字サイズを小さくしても可読性がおちにくいので海外のWEBサイトのナビゲーションにも使用されている書体です。

「The engraver’s sans serif」は、1900年代の初期の最も広く使用されていた書体のひとつです。このシンプルな形態の書体は、小さな文字サイズでも読みやすいという可読性を実現していました。昔の彫刻師(銅版、木版)が使っていたレタリングのマスタープレートをベースに書体を制作されています。

当時は製図機器の写図器(Pantograph)を使い、書体の「マスタープレート」から手作業で銅や鉄のプレートに文字を写しとってから彫っていました。この鍛錬の必要なテクニックは今日ではめったにみることのない技法となっており、現在は写真技術を使ってプレートに移すようになっています。この当時の様々なマスタープレートを参考に「Mark van Bronkhor」さんが制作した「Sweet Sans Pro」は、この世からなくなってしまった職人の技能の精神に対する称賛の気持ちそのものです。

「Sweet Sans Pro」は「Burin Sans」や「Sackers Gothic」のようなスタイルをもとにつくられたフォントであり、デザイナーが求めるような汎用性・使いやすさと、可能な限りのウエイトを制作しています。

「Small Caps」も制作されており、Adobe Fontsからは「Sweet Sans Small Caps」が提供されていませんが、「MVB Fonts」サイトで購入できます。

Mark van Bronkhorst

書体デザイナーの Mark van Bronkhorst は、1991年にサンフランシスコで「MVB Fonts」を設立。カリフォルニア州バークレーとグラスバレーのスタジオでデジタルタイプの開発を続けています。また、American Type Founders Collection のディレクターでもあります。長年にわたり、バンクオブアメリカ、コムキャスト、ディズニー、ITC、NBC、ワーナーブラザースなどのクライアント向けに注文書体を開発してきました。

書体提供・販売

書体制作・デザイン

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!