Futura PT

  -  22styles by Adobe Fonts
Futura PT Light
Futura PT Light Oblique
Futura PT Book
Futura PT Book Oblique
Futura PT Medium
Futura PT Medium Oblique
Futura PT Demi
Futura PT Demi Oblique
Futura PT Bold
Futura PT Bold Oblique
Futura PT Heavy
Futura PT Heavy Oblique
Futura PT Extra Bold
Futura PT Extra Bold Oblique
Futura PT Cond Book
Futura PT Cond Book Oblique
Futura PT Cond Medium
Futura PT Cond Medium Oblique
Futura PT Cond Bold
Futura PT Cond Bold Oblique
Futura PT Cond Extra Bold
Futura PT Cond Extra Bold Oblique
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

日本でもグラフィックデザイナー、Webデザイナーに人気かつ有名なフォントFuturaですが、数多くのフォントベンダーが開発し販売しているので、様々なバージョンが存在します。Adobe Fontsでは「Paratype」というファウンダリーがデザインした「Futura PT」が配信されています。Adobe CC契約者なら追加料金なしでFuturaがデスクトップ上のフォントとして、またWebフォントとしても利用できるので嬉しい状況です。

オリジナルのFuturaは歴史的には、1927年にドイツのバウハウス(美術学校)で非常勤講師をしていたPaul Renner(パウル・レンナー)が「Bauer Foundry」のためにデザインした書体です。幾何学的形態を用いて「バウハウスの美学」を表現した書体とも言われています。

Bauer Foundryが開発したFuturaは幅広いウェイトの種類があり、当時からFuturaは人気を博し本文用のみならず、見出し、タイトルと共にもちいられていました。キリル文字に使用できるFuturaが1995年にParaTypeで開発されました。(デザイナーはVladimir Yefimov)そして2007年には(デザイナーはsabella Chaeva)オリジナルのFuturaと1995年に開発したキリル文字のFuturaを追加し、同時にデザインを改訂しアルファベットとキリル文字がうまく馴染むようにリデザインされています。

書体提供・販売

書体制作・デザイン

TAG

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!