かづらき

  -  1style by Adobe Fonts
Kazuraki SP2N L
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

Adobe Fontsから提供されている筆書体「かづらき」。藤原定家の文字をもとにの書体デザイナーの西塚涼子さん(アドビジャパン)によるデザインです。教育漢字相当の漢字に対応しています。年賀状、挨拶状、和食のメニュー等に限定した漢字も含まれています。

通常、書体は正方形の中でデザインされますが、「かづらき」は個々の文字のデザインに合わせて固有の幅を設定されているプロポーショナルフォントです。横組みにも対応していますが、縦組みが推奨されている書体で、文字によっては縦組み用、横組み用と2種類の文字が含まれているフォントです。

藤原定家

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての歌人。『小倉百人一首』の撰者で権中納言定家を称した。
デザインされた藤原定家はその自筆本が国宝となっている日記『明月記』 などで知られる歌人ですが、独特の書風でも知られます。定家自身の作で百人一首に収められているのは、「来ぬ人を まつほの浦の夕凪に 焼くや藻塩の 身もこがれつつ」。

受賞歴

2002年 第7回モリサワ賞国際タイプフェイスコンテスト和文書体部門銀賞受賞
TDC2 2010のタイプフェイスデザイン部門受賞

組見本

かづらきを用いた和食メニューの組見本
和食メニューをイメージした組見本です。数字の「0」のみ平体、気持ち太くしています。
Illustration by ダ鳥獣戯画

書体提供・販売

参考サイト

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!