Parisine

  -  16styles by Adobe Fonts
Parisine Std Regular
Parisine Std Italic
Parisine Std Bold
Parisine Std Bold Italic
Clair Regular
Clair Italic
Clair Bold
Clair Bold Italic
Gris Regular
Gris Italic
Gris Bold
Gris Bold Italic
Sombre Regular
Sombre Italic
Sombre Bold
Sombre Bold Italic
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

Adobe Fontsから提供されている欧文書体「Parisine」。名前の通り「パリ・サイン」、1996年にフランスの地下鉄のサインのために開発された書体です。「ロンドン地下鉄」で使用されている書体「Johnston」、「ニューヨークの地下鉄」で使われている「Helvetica」のように、年月をかけてパリのシンボルになりました。旅行者のためにつくられた書体は「Parisine」は読みやすく、フレンドリーで、愛らしいデザインとなっています。

Parisineは現在、読みやすい書体として工業的・産業的なデザインのフォント「DIN」の他の選択肢としても考えられ、より人間らしい書体の新しい選択肢としても考えられるようになっています。

地下鉄のサインとして開発されたParisineは、様々な種類のファミリーで構成されており、幅広い媒体で使用できる構成となっています。雑誌、書籍、広告ではCompress書体が、見出しを強調し、Narrow書体はスタンダード書体では入り切れない原稿を綺麗にレイアウトできるようにも使用できます。
Parisineの別バージョンとして「Parisine Plus」が1999年に開発されています。

豊富なウエイトと構成について

この書体は非常にバリエーションに富んだファミリーで構成されています。フランスのタイプファウンダリー「Typofonderie」によってデザインされフランス語で名前がつけられているので若干理解しにくいネーミングです。

1. スタンダードの「Parisine Std」
2. 細い「Clair」
3. 少し細い「Gris」
4. 太い「Sombre」

の4種類の「太さ」で分けられており、さらにその中でも「Regular、Bold」とウエイトを選択できるフォントです。まとめると8種類のウエイトから選択できるフォントです。

フォントスタイルは「スタンダード、イタリック」の2種類あるので、合計16種類で構成されているファミリーです。さらに、Compressede書体、Narrow書体も別で存在します。

書体提供・販売

書体制作・デザイン

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!