DIN 2014

  -  18styles by Adobe Fonts
DIN 2014 Extra Light
DIN 2014 Extra Light Italic
DIN 2014 Light
DIN 2014 Light Italic
DIN 2014 Regular
DIN 2014 Italic
DIN 2014 Demi
DIN 2014 Demi Italic
DIN 2014 Bold
DIN 2014 Bold Italic
DIN 2014 Extra Bold
DIN 2014 Extra Bold Italic
DIN 2014 Narrow Extra Light
DIN 2014 Narrow Light
DIN 2014 Narrow Regular
DIN 2014 Narrow Demi
DIN 2014 Narrow Bold
DIN 2014 Narrow Extra Bold
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

世界的に人気、定番書体のDIN。Adobe Fontsから配信されているDINは「DIN 2014」、「URW DIN」と2種類あり、こちらは「DIN 2014」。18種類のファミリーから構成されており、幅狭の「Narrow」という名前のついた「Condensed(コンデンスドフォント)」も提供されています。

Paratype社から2015年に発売されたフォントです。DINはその人気から、様々な会社から販売されていますが、ディテールが異なるので細かいところにこだわりたいデザイナーさんは色々なDINを比較する必要があります。

丸ゴシック体のDINも存在していて、Adobe Fontsから「DIN Rounded」は配信されていませんが、似ている「DINosaur」が提供されています。

販売されているDin Rounded

DIN 2014 Rounded (Paratype.com)
FF DIN Round(MyFonts.com)

URW DINとDIN 2014の違い

URW DINとDIN 2014の違いは、アルファベットの「O・Q」(特に大文字)、数字の「0」、を比較するとわかるのですが、「DIN 2014」が丸みを帯たデザイン。「URW DIN」が直線的にデザインされています。どちらがいい、悪いということではなく、使用する際にどちらがイメージがデザインとして適切かどうか検証する必要があります。特にQ数(文字サイズ)を大きく使う場合は印象を大きく変わるので、2書体で検証するのもオススメです。メールアドレスで使用する「@(アットマーク)」もデザインが結構違うので気になる方は比較してみてください。

日本でも人気のDIN

世界的に長年、人気の書体ですが、日本でもDINは人気の書体。最近では「東京オリンピック」のロゴで使用されたり、プロダクトデザイナー深澤直人さんデザインの「±0」のロゴ、 「UNIQLO」で使用されているコーポレートフォントのベースとなっていることでも有名です。

書体提供・販売

書体制作・デザイン

参考サイト

TAG

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!