Neonderthaw

  -  1style by Google Fonts
Regular 400
34px
32px
30px
28px
26px
24px
22px
20px
18px
16px
15px
14px
13px
12px
11px
10px
9px

書体について

Google Fontsから提供されているネオン管のようなスクリプト体「Neonderthaw」。ポップで可愛らしい雰囲気を演出できます。ネオンサインをモチーフとしたフォントは多数ありますが「Neonderthaw」はクオリティも高く、抜け感もあって思わず使いたくなる書体です。

アメリカのセントルイス(ミズーリ州)で30年以上書体デザインを行っている「Rob Leuschke」さんによるフォント。ネオン管のサインは日本でもよくみかけますが、発祥は1912年のフランス、パリでのこと。モンマルトル通りの小さな理髪店のものであった説と、 1912年にパリ万国博覧会で発表されたという説が一般てきです。さらにアメリカを中心に全世界で店舗の照明広告として発展し、歓楽街や人の集まる場所には欠かせない存在になっていきました。暗闇で光る文字は、日本でいうと「赤提灯」のように夜の歓楽街ではなくてはならないものになっています。

書体提供・販売

書体制作・デザイン

よりよりサイトを目指してWikipediaのように「フォントを愛する方、詳しい方から」の情報提供や修正依頼を募集しています!
「原稿をこうして欲しい! 修正して欲しい! リンクの修正依頼・ご意見等」ございましたら、
お手数ですがこちらの改善依頼フォームからご連絡願います!